2012
07
17

チー


120717-01.jpg
 
 
彦根の方も、関東に負けず熱々のようで桃もチーもダレダレみたいですが・・・
 
みどりのお庭を望む窓で、ゆったりとしているチーの顔を拝見すると・・・
 
ちょっと、ぐっとくるものがあります。
 

120717-04.jpg
 
 
職場の身近なところで起こっていた悲劇に気が付いたのは2009年8月の末でした。
 
 
120717-08.jpg
 
 
数日後、夏期休暇で1週間帰省する自分の前に現れたチーは2匹の仔猫を連れていました。
 
一週間後、戻った時には、仔猫は1匹になっていました。
 
 
120717-07.jpg
 
 
職場で、色々聞いてまわったら、もう二年連続 4匹子供生み、
 
その度にカラスに全滅させられていたと言う事を知りました。

 
120717-03.jpg
(現在のだいちゃん(旧:ジョニー))   
 
 
仔猫のだいちゃんを保護出来たのは、3カ月後の寒さも押し迫った10月の下旬の事でした。
 
 
120717-02.jpg
 
 
だいちゃんが、掴まったカゴの脇でチーは、ずっとうずくまって心配そうにみていました。
 
 
120717-06.jpg
 
 
翌年の1月、だいちゃんの里親さんが決まり、当家を去る日の早朝、チーに報告しに行きました。
 
「あなたの子は幸せを掴みました。一緒にあなたを連れて行けず申し訳ない。」と呟きました。
 
厳しい寒さの続く1月には珍しく、ちょっと温かい日差しの中、のんびりと日光浴しているチーに
 
 
120717-05.jpg
 
 
「私の事はだいじょうぶ」と言われた気がしました。
 
とても悲しく悔しかった。
 
 
諦めたら終わりだ。諦めず頑張れば、叶う夢もある。
 



里親募集期間限定参加中
人気ブログランキングへ
関連記事
Comment

[677]

ふたりとも、とても良いお顔ですね。
チーちゃんは、桃ちゃんと一緒にくらせる日を待つために、ニャパさんのお家にいたのかもしれないなあと思いました。

[678]

1枚目のチーちゃんの写真、里親さん宅についてすぐの様子に比べると表情が和らぎましたね。
自分のおうちなんだって、おもってくれたんだなあって。
母はつよし。でも幸せになる権利だって、きちんとあるんだよって、改めて思いますね。
長い長い道のりでしたね、にゃぱさん。ありがとうございます。

[679] 猫少年の愛と血を超える絆

生んだ我が子のことを忘れる母が居るでしょうか!
飲ませた乳の記憶をしっかり刻んでいた
チーちゃん。
子を失ったどこか茫漠とした喪失の記憶を、桃が
埋めてくれて旅立った2匹。
これからはきっと血よりも濃い絆の余生を過ごす
と信じたいです。涙涙の連絡船。
もう涙はやなのに、またまた明日のジョー物語…。
チーちゃんはきっとにゃぱさんの愛を目の奥と心の
襞に刻んだことと思います。動物にも心が有る。
みんなみんな全員憶えていると思います。

[680]

チーちゃん、桃ちゃん、元気そうで安心しました。
たいへんな猫生を生きて来たチーちゃん。
あなたの子供達は幸せになった子も悲しくも天国に行った子もみんな感謝していますよ。
どうか、ゆっくりと桃ちゃんと過ごしてください。
里親さま、ほんとうにありがとうございます。

[681]

にゃぱさんのチーちゃんへの想いの深さが伝わりました。
チーちゃんも桃ちゃんもにゃぱさんに巡り会えて幸せを掴んだんです。偶然ではなく必然だったのでしょうね。

[682]

だめだ…3枚目のチーちゃんの顔見ると泣けてきちゃう。子を守る母の顔ですね…。

[683]

涙、涙・・・
チーちゃん、やっと幸せつかめたね。
これからず~っと、桃ちゃんと一緒に幸せに暮らしてね。
3年間ずっとチーちゃんを見つめていたにゃぱさん。
どうもありがとうございました。

[684]

桃ちゃんチーちゃん里親様の愛情につつまれてすっかりくつろいだ様子ですね。

彦根への車を運転しての日帰りという超ハードスケジュールににゃぱさんの桃ちゃんチーちゃんへの深い愛情を感じます。

[685]

チーちゃん、悲しい思いいっぱいしたんだね。
これからは里親さまの所で、桃ちゃんと一緒に楽しいや、うれしいをいっぱい経験出来ると良いね。

[686]

チー桃ちゃん、のーんびりしてる。
miruraサンちにいるみたい。

まだ一週間なんて、信じられない!

[687]

「諦めたら終わりだ。諦めず頑張れば、叶う夢もある。」
良い言葉をありがとうございます。

[688]

今のチーちゃん、表情が和らぎましたね。
3枚目の写真と全然違う。

チーちゃんにそんな辛い過去があったとは・・・。

これから桃ちゃんと共に幸せになってもらいたいです。

[689]

お外で子らを守っていたチーちゃんは、悲しい思いをいっぱいしてたんですね。(せっかく威嚇している写真だけど、可愛いお顔に見えますが)それらを乗り越えて、幸せになろうとしている姿に涙があふれてきます。
きっとニャパ家で、人を信じる修行をしたからなのでしょう、これからも絶対大丈夫と思います。ここまで見守り続けてくれて有難うございました。
チーちゃん桃ちゃん、幸せになるんだよ。

[690]

そうですね
ちーママと桃チンの巡り合わせもニャパさんが諦めなかったからだこそですね
色んな意味で元気もらいました

[691] 出来る範囲で

にゃぱねっとさんみたいにはとても出来ないし、家に誰もいないので飼うことも出来ないですが、それなりに、出来る範囲で、毎月わずかですが続けています。
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1554001/index.html

[692]

ウチの子もそうなんですが、野良ちゃん出身の場合
緑の香りがするのは本人にとって、
かなり大切だと思います。 屋内であってもです。
だから、ちーちゃんはきっと大丈夫。
身体から地面に近い環境に吸い寄せられていく気がします。

[693]

あ、野良ちゃん出身の場合とは
成猫の野良ちゃんのことです。

[695]

ちーちゃん、お外の時と目付きが全然違いますね。
やっと自分のおうちに辿りつけたんですね!
今まで大変だった分穏やかに、そして桃ちゃんと楽しく過ごしてね。

[697]

涙が出て止まりませんニャパさんとチーちゃんの出会いは必然的なものだったのでしょうね。素敵な生き物同士が何かに導かれ深い縁で結ばれた気がします

[698]

桃ちゃんも、あわや助かった仔猫でしたが、
チーちゃんのエピソード、目がウルっとしてしまいます。
なので、桃ちゃんと仲良しになってからのチーちゃんの変化が
めざましくて、微笑ましかったです。
ふたり一緒にお家が見つかって、本当によかったです。
チー桃ちゃん、お幸せに!!

[699]

チーちゃんはまだ少しお顔が緊張気味のように思えるけれど
この短期間で、すでに窓辺にいるのが驚きです。
ニャパ家での家猫修行の成果と桃ちゃんパワーと何より里親さん
がチーちゃんにとって安心できる方だからですね。

[700]

何度みてもそのたび涙があふれてきます。
ち-ちゃんの今があるのは、にゃぱ家のお二人のおかげですね。これはとても出来ない、すごいことです。

[701]

桃ちゃんの前世はきっと、ちーちゃんのお星さまになった子供たち。
おかあさんといっしょにしあわせになるために、天からおちてきたのでしょうね
(川におちたけど)

[708] 良かった…

チーちゃん大分寛いだお顔になりましたね。
桃ちゃんはチーちゃんを幸せにするためににゃぱさん家にきたんですねぇ…(T_T)感涙
この3年間が報われて、ブログを読んでいるだけの私も感慨ひとしおです。
にゃぱさんmiruraさん、そして2人を迎えて下さった里親様、ありがとうございます。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

にゃぱねっと(β)

プロフィール


月別アーカイブ


検索フォーム


広告