--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
06
23

チーと桃の里親募集の状況について

【里親募集】チャーリ 白黒♀ 推定5歳前後
【里親募集】 桃 雉虎♀  推定2カ月前後
 
二匹そろって里親募集中です。宜しくお願いいたします

 
現在、里親募集一時締め切り中です。
 


120623-08.jpg

 
 
皆様にご心配をお掛けし、応援していただいているチーと桃の里親募集の状況と今後の考えについてお話します。
 
桃については、いくつか里親のお申し込みをいただき、ここなら安心して桃を安心して送り出せると言うご家庭はあります。
 
しかし、当方とすれば当然、チーと一緒に迎え入れてくださるご家庭があれば、そちらを優先して考えさせていただきたい。その点をご理解いただき 6月中は決定を待っていただけるようお願いしました。
 
もし、6月末を過ぎてもチーと桃、一緒に迎えていただける、お申込みが無かった場合は、チーに関しては、私の長崎の実家に連れていく事を、最近強く考えています。
 
私は、私を頼りにしてくれているチーと別れるのは大変辛い事です。
自分で言うのもなんですが、猫を好きな人はたくさんいますが、例え引っかかれても「猫のやること」と、全てを許し受けいれられる人を探すことは、とても難しい事です。
  
しかし、以下の点で、これ以上、当家で暮らさせる事は大変難しい事です。
1.マンションの規約の問題
路上で、泣いている命には手は差し伸べたい。しかし、基本的にルールは守って生きて行きたい。
2.チビの健康状態の問題
過去に何匹かの猫を保護し健康状態を万全にして里親さんに届けると言う事を何度か行っているわけですが、その期間中、徐々にチビは余り食べなくなり、健康状態が悪くなります。
3.高層マンションならではの危険性
チーは、常に外に出られるチャンスを狙っています。もし、野外に出られた場合は、捕獲することは困難です。
また、窓を開ける事が多い夏場は、その危険が高まります。そして地震が多い、現在の関東では、3.11の際にアイが経験した絶体絶命の状況も、再発する危険すらあります。
4.チーの気持ちの問題
ずっと外で暮らしてきた野良猫を、一生室内に閉じ込めるのか?と言う問題
生まれて、ずっと室内で暮らしてきた猫であれば、完全室内外がベストだと思います。
しかし、長年、外で暮らしてきたチーにとって、不憫な側面がある事は否めません。

野良猫3~5年、外飼いの猫5~8年、完全室内外10~20年と言う話を聞きます。
概ねそうかな・・・と思う点があります。
私は、寿命を左右するのは、寄生虫と寒さだと考えています。
獣医に「外飼いの場合、寄生虫の駆除は何カ月に1回やった方が良いのですか?」と質問したところ「季節の変わり目にやられる事をお勧めしています」との事。
寒さに関しては、一日でも耐えられない夜があれば死んでしまいます。
これは、現代のように防寒や衛生環境が良くなかった時代の人の寿命が30~50年であった事と併せて考えれば頷ける話です。
しかし、その2点を解消出来れば、半外飼いも可能と考えられます。
 
去年までは、実家に連れて帰る事は、余り現実的に考えていませんでした。
しかし、去年の5月、今年の1月と5月と3回帰省した際に、リンを迎えた両親と妹、そして周りの環境の様子を、じっくり考えました。
 
車の往来は、5分か10分に1台位と言う寂れたド田舎。
そしてリンは桃と同じで、他の猫に対してフレンドリーな子です。
桃と同じように良いコンビで暮らしてくれる可能性はあります。
ただし、懸念は、私の両親が高齢であると言うことです。いい大人がいつまで親に頼るのか?と言う事も甚だ辛い事です。
 
長くなりましたが、6月中限定で里親募集の条件を緩和します。
1.チーと桃、2匹とも受け入れていただけるご家庭については、関東~九州迄を対象とします。(車でお届けします)
2.車の往来の少ない、安全な環境であれば半外飼いもOKとします。
 (ただし、寄生虫駆除のための通院は、定期的にお願いします)
3.(以下追記)共働きについては、下記のように一部修正いたします。
ベストな状況は、どなたかが必ずご自宅に入らっしゃるご家庭を優先して考えます。
しかし、2匹同時に受けいれていただけるご家庭の場合は、仔猫の誤飲や転落の危険性を認識し、安全第一に考えてくださるご家庭であれば結構です。(成猫であるチーのみの里親希望の場合も同様です)
ただし、家族の数は2名以上でお願いいたします。(不慮の事故で、だれも帰ってこないと言う事を防ぐため)
 
お申込みお待ちしております。
 


皆様、チャーリーが幸せを掴めるまでの間、里親募集の宣伝へのご協力、なにとぞお願いいたします。
 
里親募集期間限定参加中
人気ブログランキングへ

120428-05.jpg
関連記事
Comment

[478] !!

条件緩和の1はいいとしても、2は・・・
慣れない土地の慣れないお家から飛び出して迷子になって
二度と戻ってこれなくなる可能性は考えませんか?
せめて、お留守番があるお家でも可、くらいに留められないのでしょうか?
これでは完全室内飼いをうたう他の募集主さんにも
示しがつかない気がします。

[479] う~ん…

初コメントさせて頂きます。
チーちゃん、桃ちゃんの幸せを願っております。里親探しのご苦労もお察しします…
がしかし、半外飼いは、ほぼ外飼いです。
もちろん、百も承知のことかと存じますが、病気ももらってきます。怪我もしてきます。それが原因で死に至ることが多いんです。失踪する子も絶えません。
地域も広げられたようですし、半外飼いを許すのは…ちょっと疑問です。
“家に常に人がいる”という条件を緩めるだけで、随分と選択肢が広がるのではないでしょうか?
半外飼いより、お留守番の方が安全です。家族の帰りを寝て待ってますよ。
自分が里親探しをしているわけではないのに、偉そうにすみませんが、半外飼いで飼い猫を傷付けてしまった経験もあり、書かずにはいられませんでした。

[480]

完全室内飼いについて、もはや、猫の場所に全く適さない、都会にとって、必要な条件であり、それが全体的な流れとなっているのは理解しています。
しかし、それが全国的に絶対的なものだとも思いません。
その子の状況、受け入れ環境により、細やかな判断とプロセスの積み上げにより、幸福な一生を得れる可能性もあると考えています。
当然のことですが、お申込みいただいて、即、宜しくお願いしますという事はありません。
何度もやり取りをして、確認をして決めます。
また、その地に行って、無理な環境であれば、そのまま連れ帰る事もあります。
また、当然、その後家庭の猫としてお互いの認識が取れるまでの期間は、完全室内飼いとして、もらいます。
私がイメージするのは、実家のリンや20年近く生きた梅婆、桃婆の姿です。
夜間や食事時は家に戻り、天気のいい日は敷地内の庭や畑で遊ぶ。
私の実家で可能性があるのであれば、同じ事が実現できるご家庭もあるはずです。
その可能性がある限り、模索してみる価値はあります。

[481]

読んでいて涙が出そうになりました。チーちゃんと桃ちゃんが離れ離れになるかもと・・・。
うちの子も成猫の野良ちゃんでした。ニャパネットさんの気持ちが痛いほどわかります。
何が一番ベストなのかを判っているのは、チーちゃんの事を一番理解しているニャパネットさんです。
応援してます。

[482]

チーちゃんを長崎のご実家へと言っても
今まで人間の中ではにゃぱさんにしか心を開かなかったチーちゃんの気持ち
ご両親様や妹さんの気持ち

先住猫さんの気持ち
いろいろ気になります

この先、もしもかわいそうな猫に出会って
その子も引き取り手がみつからなかったら
にゃぱさんはどうなさるのでしょう…

気になります

[483] ニャパネットさん応援してます!

私の実家の6代目ネコのキーちゃんはうちで生まれて子供の時から半外飼い(家に常に飼い主が居るので好きな時に出入りできて夕方から朝まではキーちゃん部屋で寝ます)ですが、もう22歳くらいの長寿ネコですよ!!そして私たち夫婦で室内飼いしていたショセは9歳で亡くなってしまいました。私は都会(海外)暮らしですが実家は田舎です。各々の状況にもよるのではないでしょうか?難しい問題ではありますが、どちらが良いか?を決められるのはメロさんのおっしゃる通り、チーちゃんのことを一番愛情をもって理解しているニャパネットさんだと思います。私がニャパネットさんでも同じような行動をとると思います。チーちゃんと桃ちゃんを一緒にもらってくれる人を第一優先にすると思います!是非、よい飼い主さんが出てきてくれることを願っています!!!

[484]

ネット上のニャンドルだって現実を生きるひとつの命。
ヒトが決めた条件がニャンコの幸せにつながるとは限らない。
事故や病気、予防次第で未然に防げることもあるけれど、
100%ではない。
いつかは別れが来る。
ある程度の下地作りは必要だと思いますが、
エゴや自己満足でニャンコの幸せを考えないで下さい。

[486]

仙台市内で子供の頃から飼っていた猫はメスで避妊手術済み。外に行くのは自由にさせていましたが、夜はちゃんと家に帰ってきて来る子で、病院が嫌いな子で予防接種にすらあまり行かせずじまい。でも19年1ヶ月の寿命を全うしましたよ。うちはバス通りで交通量もある道路沿いでしたがそれも大丈夫でした。

一度家の立て替え時に4ヶ月ほど他の場所に引越ましたが、新しい家に引っ越して1ヶ月は完全に室内飼いで家を認識させ、その後はまた外出自由に。立て替え後の家に戻ってからも同じ事をくりかえしました。

もう一匹別の猫も飼っていましたが、この子は帰巣本能が壊れており迷子になるため外に出すのを途中で止めました。
大丈夫か大丈夫でないかはその子の性格もあると思います。

危険な目に合う合わないもその子によって違います。

チーちゃんの事を良く知っているニャパネットさんの判断に間違いは無いと思いますし、様子を見て方針の変更も十分可能だと思います。応援しています。信じることをなさってください。

[487]

共働きなので、里親候補をあきらめたものです。
来月末には新居が完成するので、いい機会かと
思いましたが、ご縁がなかったと思っています。

我が家のルディは、生後1ヶ月半で我が家に
やってきて、避妊手術までは、私が短時間勤務、
忙しい時期は早朝出勤して、主人と出勤時間を
ずらすように調整して対応してきました。
主人の会社はフレックス制度をとっているし、
自宅でも仕事ができる状況になるよう
会社からパソコンを支給されています。

youさんも書かれていますが、
今の時代、いろんな働き方もできますし、
共働きがダメと決めつけ、里親さんの候補の条件を
厳しくするのは、どうかと思います。

[488] ならば

外飼いを許容するようなことは
あえて条件に書かれないほうがいいのでは・・・

[489]

不幸な外猫を1年半も餌やりを続け、やっと保護した。
毎年くり変えさえる。不幸な連鎖を断ち切るために不妊手術を行った。
普通、ここで元居た場所に戻すのです。
それはねこだすけをされるボランティアさん達が考案された「地域猫」と言う考え方です。
お外にも出れる飼い方を一切許さないのであれば、それは単なる机上の空論ではないでしょうか。

[490] 外飼い容認は・・・・

初めて書き込みさせていただきます。

私たち自身2匹の猫を飼っています。
飼い始めたころは共働きでしたので2匹は留守番していました。
おまけに遅いこともありましたが、元気に育っています。

家の中の環境を整えれば外飼いを容認するより
共働きのお宅の方が安全ではないのでしょうか?
2匹一緒であれば寂しいことも減るかと思います。

2匹の前に外飼い(をしていた?)猫を保護して
3ヶ月半ほど飼っていたことがあります。
確かに1度逃げ出しましが、基本お家が好きでした。
私個人、家の中から景色が見えれば幸せなんじゃないか
そう考えています。

[491] む~ん…

初めてコメントいたします。
これは難しい問題ですよね。
うちは十数年前父が亡くなったとき、母が寂しいからと
初めて猫を迎え入れたのですが、
田舎とはいえ県道沿いで大型トラックの往来が多く、
また幅広の一本道なため通勤時
制限時速を越えて飛ばす車が多く、室内飼いにしました。
にゃぱさんのご実家はとてものどかな環境にあると思います
ので、そんな危険性は少なそうですが、
要はチーちゃんに合うかどうかですよね。
にゃぱさんのご苦労もお察しいたしますが、
個人的には桃ちゃんの里親を申し出て下さってる方々が
桃+チーちゃんで考えてくれないかなと思います。
はからずも多頭飼いになってしまった者の意見ですが、
仔猫は見た目は可愛いけれど活発で
イタズラも半端ありません(笑)。
チーちゃんがいればヤンチャな仔猫の相手や躾けも
してくれるし、仔猫一匹よりは手こずらないはずです。

とりあえず半外飼いとはいわなくても、
募集範囲を広げて、日中お留守宅でも
猫たちが快適に過ごせるよう配慮してくださる方を
募集するだけでも連絡してくる方が増えるかもしれません。

[492]

共働きについては、下記のように一部修正いたします。
 
ベストな状況は、どなたかが必ずご自宅に入らっしゃるご家庭を優先して考えます。
しかし、2匹同時に受けいれていただけるご家庭の場合は、誤飲や転落の危険性を認識し、安全第一に考えてくださるご家庭であれば結構です。
ただし、家族の数は2名以上でお願いいたします。(不慮の事故で、だれも帰ってこないと言う事を防ぐため)

[493]

わたしは、ニャパさんご夫妻が出されたこの案には大賛成です。半外飼いに関しては、ニャパさんがイメージされているのが決して大都会のど真ん中ではないこともよく分かります。

他の募集主さんに示しがつかないという意見はかなり驚きました。何かの連合ではないでしょう (^^;;

保護された方が真剣に考えに考え抜き、しかも猫に精通している方なのだとわたしには分かりますから、条件の設定について何の違和感もありません。きっとチーちゃんもモモちゃんも、これらの条件に合う、素敵な新しい飼い主が見つかると思います。

[494]

保護した猫に関する決定は私がひとり勝手にしています。奥さんは、ただただ、健康に育てるために尽力してくれています。
全てを満たせれる状況であるならば、迷わずそれを選択します。
しかし、現実は、人が思う程都合よく出来てはいません。
間口を広げ、お問い合わせいただいた内容を十分に検討し、チーの安全幸せを、場合によっては自分の目、耳で確かめるために車や足で出向き、決定する。そうせねば、出会えない人・幸運もあるのです。

[495] 最後にします

外飼いが一切いけないと決めつけるつもりは毛頭ありません。
その子が生きてお家に戻れないという、もしもの可能性を
飼い主さんがきちんと覚悟の上でお外に出されるなら
他人がとやかく言うべきものではないと思っています。

ご自身が命を削る思いで守ってきた大切な子たちですよね。
どうぞ悔いのないご決断をされますよう・・・

[496]

はじめまして。私はつい先日、半外飼いしていた愛猫を亡くしたものです。同じく5分から10分に1度車が通るか通らないかの場所に住んでおりました。ですが、うちの子は事故に遭い、苦しみ抜いて死にました。
うちの子は外に出た際に、他の猫と喧嘩をし、怪我をしたりする事もありました。
チーちゃんは、外に出たいでしょう。ですが、今ここで「半外飼い猫」にするのはどうかと思います。喧嘩の事、感染症の事(九州では犬もワクチンは9種なんですよ)、知らない場所での迷子、虐待目的の人間、そして毒を撒いてあるく人、車・・・。都会よりは安全かもしれませんが、安全ではないのです。現にうちの猫は死にました。
引っ越しをすると、外へ出たがっていた子も環境が変わり、出たがらなくなる事があるとききました。
留守番をさせておくほうが、ずっとましだと思います。今まで飼われていた猫と、チーちゃんは違うのです。違う猫なのです。今までと同じ様に過ごせる訳ではないのです。
私はそう思います。

[497] はじめまして

いろんな事を思う方はいらっしゃるかと思いますが
東京から九州まで範囲を広げてお届けするという事だけでも
私は凄いと思います。私は真似できません。
言葉では伝えきれないお考えがあると思います。
ちーちゃんの幸せを祈っています。

[499] 初めまして

ブログ拝見しました。

率直な意見としては、桃ちゃんとチーちゃんは別次元で考え捉えるべきではないかと思います。
チーちゃんにしても外の生活の名残や今の環境の変化への戸惑い、いろいろあるでしょう。
半外は正直反対です。
うちに餌を貰いに来ていた猫を事故で亡くして、初めて事の重大さに気づき、餌を上げるという無責任な行動は止めました。
チーちゃんからしたらやっと慣れた場所から、またどこかへ‥そして半外‥今更、室内外以外の選択種は無謀な気がします。
ご夫婦のお世話をブログ越しに拝見してきて、どれだけのご苦労や心労があったか察しはつきますが、何卒そこはじっくり検討していただきたいと思います。
桃ちゃんはまだ生後間もないし環境の変化は案外うまくいくのではないでしょうか?

二匹の幸せが最優先事項ではありますが、里親希望さんの状況や今の御時世など踏まえた決断を切に願います。

日躾なことをお許し下さい。

[501]

はじめまして。
ネコ歴ン10年の多頭飼い主です。
経験談としてお話させて下さい。

成猫♀を保護して、完全室内飼いで約10年になります。
今は一切外には出たがりません。
猫にとって「テリトリー」は「慣れ」で限定できると考えます。

また半外飼いが一番危険ではないでしょうか?
たまにしか車が通らないからこそ、
車をかわす術を知らず命を落とす子を見てきました。

いろんな考え方があると思いますが、
ご自身の納得のいくようにされるのが一番です。
良いご縁に恵まれますようにお祈りします。


[502]

はじめまして。
度々拝見しております。

ねこ飼いが100人いれば100通りの考え方があります。
これだけが正解という方法はありませんし、
心血を注いでチーちゃんと桃ちゃんをお世話しているのはにゃぱねっとさんご夫妻なのですから、
ご夫妻が信じたようになさるのが最善かと思います。

お仕事のこと、ねこちゃんのこと、里親探しのこと、
ご心労もおありのことと思いますが、
どうか精神的にも今以上ご無理なさいませんよう。

チーちゃんと桃ちゃんに、良いご縁がありますように。

[503] つらいですよね

はじめてコメントします

いろんな意見があると思いますが
ちーちゃん、桃ちゃんを毎日お世話して間近でみているにゃぱネットさんが苦渋の決断をしているのが伝わり私も胸が苦しくなります。つらいですよね。

迷い猫と暮らして6年後に仔猫を拾いました。おとなしい先住猫は自分よりも大きく育った元仔猫に追いかけ回され、時にストレスで吐いてしまいます。仔猫を拾ったことで先住猫の生活をおびやかしてしまったことに落ち込みますが、あの時仔猫を保護していなければもうこの世にはいない命でしょう。仔猫を拾って2年ですが、今でもしょっちゅう葛藤しています。

長くなってすみません
何が言いたいかというと、間近でお世話している人にしか猫たちの状況はわからないと思います。だからにゃぱネットさんの決断で間違いないと思います。自分を信じて決断してください!

[504]

どうか、どうか、幸せになってほしいです。
私はなんにもできないけど。無責任に言いっ放しだけれど。とにかく祈っています。

[506]

こんばんは。
皆さんのコメントを読んだ上で申し上げます。チーちゃんのことを、いちばん大事に思っているのは、ニャパさまです。ご両親さまも、きっとその意は汲んでくださるでしょう。だから、私は責められるような事は何もないと思います。完全室内飼いが、現代の日本では、やはり理想論になってしまうこと、ジェリーちゃんのご健康が脅かされていること、いろいろな状況を踏まえて、条件に変更点が生じたことは、仕方のないことであると同時に、ニャパさまの考える、幸せな猫の一生が、手に入れられる機会を増やすことになると思います。お宅の猫さんたちのファンはいっぱいいますから、きっと、人気者の宿命としてお辛いこともおありだと思いますが、いつも応援しています。

[507] 疑問です

外飼いがどうとか言う前に
里親が見つからない場合、ちーちゃんを自分のとこの子に
する覚悟もないまま保護されたのでしょうか?
普通、保護する時はその覚悟をもって保護するかと思うのですが・・・
それを、マンションの規約とかちびちゃんの体調がとか
言い訳をして無責任に感じました。

我が家のマンションも規約では2匹です
でも、保護したときは規約をやぶる覚悟でした。
それに先住さんはストレス性の腸炎で入院するしで
保護した事を悩みながらの毎日でしたよ。
・・・で結局先天性の肝臓障害の可能性がある事で
家の子になりました。
当然、規約違反ではありますが

[508] いつも拝見しています

わたしも里親募集をしたことがあるので、いままで大事に育ててきた猫たち、末永く幸せに暮らしていってほしい気持ちや、なかなか嫁ぎ先が見つからずやきもきする気持ちよーくわかります。

募集条件の緩和はおおむね賛成なのですが、外okはちょっと心配です。事故もそうですが、猫を快く思わない近隣住民が毒えさを路上に置く話もよく聞きます。今まで必死で保護されてきた努力がそのような不幸で台無しになったらと思うと本当に目も当てられないように思います。

ネット募集以外にも多くの動物病院に片っ端から募集の掲示をさせてもらうとか、職場の掲示板にも許可を取るなどより周知を拡大させるといかもしれませんよ(←実際やりました)。

傍観者の立場ながら勝手なことばかり言ってすみません。ただ猫たちの将来の点で"外"だけは今一度再検討されてみてはいかがでしょうか?

[509]

10年ほど前まで、当時の私の勤め先の敷地内には完全野良の母猫(推定7~8歳?)がいました。休日も含めて、有志の女性職員2人が数年間エサやり等のお世話をしましたが絶対に触らせませんでした。
ひょんなことから首尾よくキャリーに入れられたので、片方の女性の故郷に連れて行き、彼女の実家で完全室内飼いの生活を送ることに(お世話係は定年後生活で在宅の両親)。初期の何年間かは「まだ距離を置かれてます」という報告でしたが、今年の年賀状に初めて「最近はすっかり甘えん坊になりました」と書いてありました。
この元野良の家猫化成功の経緯を考えると、チイちゃんも時間さえ掛ければ、完全室内飼いの猫さんになると思われます。
私には、その心配よりも、ニャパさまを慕っているに違いないチイちゃんが、他の方に懐いてくれるだろうか?という方が気になっています。私の元職場の女性のように、時々、帰省という形で逢えるというのが双方にとって幸せのように思えて、ひそかに願っています。


[510]

半外飼いは…賛成できません
私は以前、動物病院で働いていた者です
外飼いの子は寿命が短いことのほうが多いです
交通事故、エイズに白血病
ちーちゃんに争うつもりがなくとも テリトリー内に他の猫が来れば攻撃してくる猫もいます
事故やエイズ、白血病で愛猫を亡くされた飼い主さんは皆 外飼いにしていたことを後悔されていました
伝染病は少ないかとお考えかも知れませんが 想像するより多いです
白血病が元で癌になったりすることも有ります

[512]

里親募集、大変なんですね…
私はニャパさんがしたいように思うように、ニャパさんが1番安心、望む結論で良いと思います。
必死で必死でやっと助けたチー&桃の命です。助け愛情注いだのはニャパさんご夫妻だもの。
チー桃ちゃんに対して愛情いっぱいのニャパさんご夫妻が後悔のない選択で^^

[513] よい出会いがあるといいですね!

先住猫がいる場合、その猫と折り合いが付く前に外に出てしまうと、もう帰ってこないと思います。
もしご実家で半外飼いにされる場合は、先住猫との関係性ができ、家の人たちにも甘えられるようになって、家の中が落ち着いて過ごせる場所になってからにしてくださいね。
居心地の良い家であれ帰ってきますし、逆に居心地が悪い家には帰ってきません。
人の幸せがそうであるように、猫の幸せも色々な形があると思います。条件緩和によって、色んな里親さん候補が現れ、良い出会いに繋がるといいですね。
里親決定の経緯はブログをやっているからと言って、ここで報告される義務はないと思いますので、にゃぱさんの思った通りにされるといいと思います。
チーちゃん、桃ちゃんの幸運を心より祈ってます。

[514]

皆さんいろんな意見があってあたりまえですよね。
でも思うところはただひとつ、チーちゃんと桃ちゃんの幸せ。
どうか良い里親さまに巡りあえますように…
私事ですが、最近初めての多頭飼いを始めました。年齢的にも私達夫婦にとって最後の猫飼いになるのではと思い切って兄弟猫を引き取りました。最初は不安でした。もちろん相性もありますが、今では2匹の方がずっと飼いやすいのではと思っています。
もし里親を検討中の方で多頭飼いに不安な方がいらしたら、チーちゃんと桃ちゃんの様子なら、きっと1匹より2匹の方が飼いやすし、猫ちゃんの精神的、生活的にも良いことの方が多いと思いコメントさせていただきました。
ニャパネットさまご夫婦が大切にお世話されている2匹が幸せになれること祈っています。

[516]

こんにちは!
この手の話になると、色々な議論がされますねー。
私は本当に正解なんてないんじゃないかと思います。
仮にここで出ている、にゃぱさんと違った意見に従ったとしても、やっぱり突っ込みどころってありますよね。
完全家飼いにしたところで、「じゃあご自宅の耐震強度はいかがですか?」とか、桃ちゃんはまだ小さいので20年くらい生きているかもしれない。だから「20年間、本当に責任を持って飼うために、あなたは収入も健康も保証されていますか?」とか突っ込めると思うんです。
正直なところ、人間だって明日なにがあるかわからないんですよね。猫を飼うことだけに限らずどれだけどんな対策をしようと、コントロールできないことってあるんだし。

だらだら話してしまいましたが...
何が言いたいかというと、にゃぱさんとmiruraさんが一生懸命考えて最善ってことです。

できるだけよい方向にお話が進むことを願っています!

[518]

ニャパネット様、どうぞご自分の考え通りで進んでください。
いろんな意見が述べられていますが、気になさらないで・・・。

ちーちゃんと桃ちゃんを身近に見て、世話して、誰よりも愛しているのはニャパさまです。
自分の行動を常に見返して行動されています。
「保護する時に自分ちの子にする覚悟もなく保護したのか?」などという意見には憤りを感じます。

私も過去に里親探しをネットでした事があります。
その時何が辛かったかと言うと様々に寄せられたコメントでした。
善意からのコメントであると分かっていても、とても追い詰められた気持になったりしました。
応援してます・・・・の言葉さえ冷たく感じるほど辛かったです。
精神的に不安定になり一時期通院もしました。

全ての意見を取り入れる事は出来ません。
もう十分すぎるくらいお世話されました。
地域猫として保護場所に返すことなく更なるチーちゃんの幸せを考えてこられました。

私はニャパネットさまがどんな決定をされようと、それが一番なのだと思います。
チーちゃんと桃ちゃんへの愛は誰よりも深く大きいと信じているからです。

読者の皆さま、どうかニャパネット様を悩ませないで下さい。
善意は応援だけにして下さい。
どうぞお願いします。

[519]

私の住む町は、住宅地の前後を旧道と国道が挟む立地です。
しかも近所には高速の出入り口があります。かなりの交通量です。
近所に猫を飼われるお宅が2軒あります。1軒は9年、1軒は14年の長命で暮らしています。

14才のみーちゃんは元野良です。雌っぽい名前ですが雄です。
懐く相手を選びます。3~4才に保護される時の荒事の記憶で、保護した本人へは懐かず、なぜか?私には懐いてくれています。
それでも、ほんの少し始まった認知症を抱えつつ毎日パトロールに出かけ、夕方には自宅に帰ります(時々ご家族が帰宅に気づかず、いじけたまま私の所に来てミャーミャー文句言って私に送らせます)。
9才の猫ちゃんも、飼い主さんのゴミ出しと庭いじり、近所の方との立ち話に甘えた自己主張することなく、つき合ってます。

色んな猫たちがいます。

にゃぱさんの考える猫たちの未来を応援します。

[520]

皆さん、それぞれいろんな意見をお持ちですが、私はにゃぱさんが出した結論を支持します。
協力できない者があれこれ言う言葉よりも、現実に今、猫達を抱えてなんとかしなkればと切実に思った人の考えた末の結論です。私は理解できます。

[521]

半外飼いという言葉は初めて聞いたのですが、帰って来るか来ないかは、猫に任せるということになります。
もしも帰って来なかったら…、それはリリースということになると思うのですが、にゃぱさんはそうなった時、諦めらるのでしょうか。
待っても待っても猫が帰らない…
それは本当に辛く悲しいことです。
私はもう二度とそんな思いはしたくありません。
マンションの規約を変えられないのでしょうか。住民の話し合いによっては、できると聞いたことがあります。
でも今まで懸命に協力して下さった奥様や、アイちゃん、ジェリーちゃんのお気持ちを尊重しての保護活動だと思いますが。

[522]

何度もすみません

エイズと白血病についてはワクチンがありました
高額になるかとは思いますが…

[524]

本当は干渉するつもりはありません。
そんな権利無いし・・・。
ただ、
その愛らしさから、図らずも衆人環視の的と
なった2ニャン。
自身の身の振り方を自分で決められたらね。
ムリですけど。
なんだか不憫です。

無礼な発言、お許し下さい。

[525] はじめまして

チーちゃんを迎えてくれる家族が現れるよう祈ってます。

[526]

いつもこちらのブログに楽しませてもらってます(にゃぱさんアリガトウ!)が、コメントするのは初めてです。
私はほどほどの田舎住まいで半室内飼いも完全室内飼いも経験ありますが、にゃぱさんの案は飼育についてよくわかっているなあと思うしよく考えぬかれていると思います。賛成です。
うちの半室内飼いの子は生まれながらの持病がありましたが、15年元気に生きてくれました。
その後、我が家の周りの環境に変化があり、現在は完全室内飼いとなりました。
また都会暮らしも10年近くあり、にゃぱさんのお考え、苦悩も伝わり外野ながらウンウンと頷いてしまいます。
もちろん環境の見極め、管理が大切なのは重々理解していますが、にゃぱさんの長年のブログで垣間見る猫の飼い主としての勤勉で行動力のある姿勢を思えば、外から意見するようなことは特別ないように思えます。
なにもできずに心苦しいですが、チーちゃん桃ちゃんのこと、応援しております。

[1032] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

にゃぱねっと(β)

プロフィール


月別アーカイブ


検索フォーム


広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。